ズグロシロハラインコ “ルイ” とのハッピ~♪な生活日記です。 

阪神・淡路大震災から丸16年目を迎えました。
(1995年1月17日 午前5時46分発生)

1995年1月17日午前5時46分

普段はすっかりあの時のことを忘れてしまっていますが、
1月17日になると思い出します。

ライフラインの大切さも痛感しました。
うちはガス・水道が止まり、ポリタンクの水を少しづつ使ってました・・

なのに 今ではあの時のことを忘れて、
水もガスも じゃんじゃん使っています・・・・反省です。

ひょうご安全の日宣言

 『 1.17ひょうご安全の日宣言

避難所へのルートや、災害用伝言ダイヤル(171)など
確認しておきたいですね ъ(^ー^)


さて、震災を知らないルイですが、
なんだか えらいことになってます・・・



わけわかめな体勢でカキカキをしようとしてます。
鈴がとどかない~!!(≧m≦)

あとから、まともにカキカキしてました。

ノーマルカキカキ

最初からそうすればいいのに・・・
いろんな体勢のカキカキを模索しているルイなのでした ( ̄m ̄*)


応援お願いします。
br_decobanner_20091109.gif

ありがとうございます。
コメント
この記事へのコメント
阪神淡路大震災のあった平成7年は、息子の生まれた年でもありますが、オウムの事件もあり、世の中が暗い年でありました。
この16年の間にびっくりするくらい神戸の街は、復興したけれど、そこまでになるには、沢山の涙と頑張ろう!と心を一つにした努力の賜物ですね。
決して忘れてはいけない日ですね。
ルイくんもりんも平和な毎日が過ごせて幸せです。
彼らの小さな幸せを壊さないようにしないと…。

2011/01/18(火) 18:03 | URL | Pola #-[ 編集]
万が一の時。
よく、覚えています。
私は、当時神奈川在住でしたが、夜勤の仕事中で、最後の大切な仕事中に、ぐらぐらっときて、すごく驚いた場面を、今でも鮮明に思い出す事ができます。
少しして、休憩室のテレビをつけた時の衝撃と言ったら…。
おみゆさんは、あの、とても言葉では表現しがたい出来事を、現場で体験されていたのですね。
正直なところ、その辛さも、苦しみも体験していない私が、なんて声をかけてよいのか、戸惑うのですが、
おみゆさんが、他にも、助かった方々が、頑張られて、神戸を復興されて、本当に、頭が下がる思いです。そして、尊い命を失われた方々には、ご冥福を、お祈りしたいです。
あの時から、私も、「万が一の時」を、強く意識するようになりました。防災グッズもかなりそろえました。ただ、今でも解消できない不安は、いつも心の隅にあります。

万が一の時、人間の自分は、力を貸してもらえるかもしれない。
でも、この子たちは、避難所に、入れてもらえるだろうか?
小鳥フードも、避難袋に入れてはいるけど、それがつきるまでに、手に入れる手段が、一つも復旧しなかったら、どうしたらいいんだろう?
寒さから、どうやって守ってあげればいいだろう。
頭の中で、よく、シュミレーションします。
万が一なんて、こないでくれれば、一番、いいのですが・・・。
2011/01/18(火) 22:03 | URL | じゃすみん #-[ 編集]
何度も書いたかもしれませんが
この日はセンター試験の日でした。
朝早く起きてたので、名古屋も揺れたのを覚えています。

「がんばろう神戸」って言葉、すごいなと思うんです。
今の綺麗な神戸からは想像もできないですが
今もなお震災の傷を抱えて暮らしている方が見えると思います。
おみゆさんもその一人ですが、何でもないたわいのない日常が
一番幸せなんだなと感じる日です。
2011/01/18(火) 22:52 | URL | あきこ #-[ 編集]
僕も当時は大阪で体験したので
震災の大変さ、自然の怖さを
痛感しました。

忘れてはいけないことも
ありますよね。
2011/01/18(火) 22:56 | URL | KEJIKID #-[ 編集]
ただボーゼンと
燃える神戸を見てました。
テレビの中の映像は
何だか現実とは思えず
ドラマのワンシーンを見ている
錯覚に陥りそうでした。
どうしてこんなに燃えてるところしか写さないんだろう?
何で消火活動してないんだろう?

神戸がこんなひどいことになっているとわかったのは
ずっと後になってからでした。

神戸の大学に行っていた姪と
連絡が取れないとの情報に
どう声をかけていいか
言葉が見つかりませんでした。
幸い姪は無事でした。

あらから16年なんですね。

震災から5年後くらいの
異人館に行きました。
倒壊した落下物の残骸に
胸が痛みました。

ルイちゃんのわけわかめな体勢って
どんな意味ですか?
関西の方言でしょうか?(笑)

生きているとこんな可愛いルイ君を
見られるんです!嬉しいです。
2011/01/19(水) 00:00 | URL | Leeちゃんママ #3v9IlUEY[ 編集]
忘れません
2011/01/19(水) 13:16 | URL | かぶ #-[ 編集]
こんにちは~
おひさしぶりです!おそくなりましたが
今年もよろしくお願いします~

あれから16年なんですね。
あの時受けた衝撃もやっぱりすっかり忘れて
生活していました。
東京もそろそろ大きな地震きそうな気もします。
いろいろ備えをきっちりしないとって思いました。

ルイちゃんこんがらがってるようにしか
見えませんっ(^^;
2011/01/19(水) 14:46 | URL | ようこ #-[ 編集]
Polaさん
そうなんですか!息子さんが生まれた年なんですね^^
あの時は、交通もストップするし高速は落ちるしで
どうなるんだろうと思っていましたが、
不眠不休で働いてくださった方々のおかげで、
ものすごく早い復興でした^^
こうして不自由なく食べ物が買えて食べれるのが
何よりも幸せなことです・・ルイもわたしも^^
2011/01/19(水) 22:13 | URL | おみゆ #11X//Ul.[ 編集]
じゃすみんさん
わたしは怪我もなく当時は団地に住んでいましたが、
ライフラインが止まっただけなので被災とはいえません、、、^^;
でもテレビが飛んで窓ガラスは割れてました。
何よりも余震がこわかったです・・なぜか夜にくるんですよね(><)
じゃすみんさんは、防災グッズをそろえられているんですね!
日ごろの備えや、もしものときをシュミレーションすることが
震災にあったときに大きな力になります!!
じゃすみんさんを見習いたいと思いますp(^-^)q
2011/01/19(水) 22:15 | URL | おみゆ #11X//Ul.[ 編集]
あきこさん
名古屋も揺れるほどだったんですね!
「神戸は地震がこない」と言われてきたので、
対策もとれてなかったんでしょうね、、、
あのときの村山首相の対応の鈍さには怒りを感じますが(-△-;)

こうしてルイも私も のほほんと暮らせてるのは幸せなんでしょうね^^
2011/01/19(水) 22:16 | URL | おみゆ #11X//Ul.[ 編集]
KEJIKIDさん
あのときは大阪もけっこう揺れましたよね・・・
予測なしにくるから地震は怖いです。
「地震、雷、火事、親父」って怖いものの一番が
地震なのがあの日で痛感しました。
KEJIKIDさんのおっしゃるとおり、
決して忘れてはいけないことですね!
2011/01/19(水) 22:17 | URL | おみゆ #11X//Ul.[ 編集]
Leeちゃんママさん
あの時は、σ(^^)被災が大きかった長田の近くの
ホームセンターに出向してました。
店は半壊でしたが、大勢の人が物品を求めてお店に来られ、
社員がヘルメットをかぶって店内に求められる商品を
取りに行って屋外のレジで販売しました。
アルバイトの女の子が倒壊した家から助け出せずに火がまわってきて・・
わたしも死んだんじゃないかと被災者名を探したと取引先に言われました^^;
あの地震がもっと遅い時間だったらもっと被害が大きかったでしょうね。
また、夏だと食べ物も痛みやすいし衛生面でも問題があったでしょうし・・
冬も寒くてたまりませんけどね^^;

わけわかめ=わけがわからない です。
方言じゃなくて、昔若い人の間で流行った言葉です。
「がんばルンパ」(←古い)みたいな(笑)
2011/01/19(水) 22:23 | URL | おみゆ #11X//Ul.[ 編集]
かぶさん
そうですよね!
わたしも忘れません。
2011/01/19(水) 22:24 | URL | おみゆ #11X//Ul.[ 編集]
ようこさん
こんにちは。
こちらこそ、ご無沙汰しています。
今年もよろしくお願い致します^^

わたしも普段はすっかり忘れて生活していますよ^^;
南海地震とかも言われているし・・
神戸はもうこないと思ったら大間違いかもしれませんし(>▽<)
非常食まで用意するのは難しいかもしれませんが、
避難所やドアを開けておくとかの行動は確認しておいた方がいいですよね。

ルイはこんがらがっています(笑)
そばで見ている私もルイがどうなってるのかよくわかりませんでしたから^m^
2011/01/19(水) 22:28 | URL | おみゆ #11X//Ul.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ruihappy.blog102.fc2.com/tb.php/790-7b6ef1e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック